商品カテゴリから選ぶ

商品名を入力

食品

商品コード: 17010101007-notosuzushio150

のと珠洲塩  150g

発送準備日数:3日

配送温度:常温(冷蔵と同梱の場合あり)

販売価格(税込) 540 円
(本体価格500円+消費税40円)
関連カテゴリ:

食品 >

個  数
(半角数字)

カゴに入れる

伝統の技をふまえ、現代のニーズに合った塩作り。
使ってみて、味わってみてわかる、奥能登・珠洲の塩です。

【粒子】少し粗め
【質感】湿り気のある塩
【保存】直射日光を避け常温で保存

湿ってくると水っぽくなりますがフライパンなどで水分を飛ばしていただければ問題なく使えます。

日本海の恵み

釜の上層部で採れる塩を最初に取り上げた、極上の一番釜。
さまざまな料理の素材を活かしてくれるシンプルな塩です。
少し粗めですがしっとりと、単純な辛みではなく、苦味、甘味、酸味を感じられる、手作りの美味しさが伝わります。
お土産や贈答用にもおすすめですよ。
のと珠洲塩  150g

海水と太陽と潮風から生まれました

昔ながらの塩作りが盛んな珠洲の中でも、流下式製塩法を特徴とした塩作りをするのが新海塩産業のこだわりです。
天然のよしずで作ったすだれを斜めにたらし、海水を何度も何度も循環させて吹きかけます。よしずを吹き抜ける潮風と、太陽の日差しとで水分を蒸発させることで、塩分濃度をどんどん上げていきます。
こうすることで、天候にも左右されることなく、一年を通して製造することが出来るのです。
のと珠洲塩  150g

釜上げは職人の勘

濃縮したかん水を沸騰を繰り返し、煮詰めて行きます。
やがて結晶の山が顔を出し、ふつふつと音をたてる塩の表情を見極め、まだ液体が残っている状態で釜上げをします。この液体はにがりと呼ばれ、お豆腐の凝固材として使われますが、海水の成分の中で塩になれなかったものがにがりとして残ります。にがり液がなくなるまで煮詰めると、塩はかえって美味しくなくなるので、釜上げのタイミングが重要になるのです。
のと珠洲塩  150g

手をかけて作ったものだから

釜炊き作業を担当するのは女性の常俊さん。薪をくべ、全身を使って大釜をかき混ぜる作業はかなりの重労働です。
小さな体で重い薪を運び、炊き口へ放り込む作業を繰り返し、熱い工場内を動く姿は男性も顔負け。それでも、約2週間かけて出来上る塩は一つの釜に約100kgだとか。
「大変じゃないですか?とよく聞かれますが、塩作りが楽しくて、大変だなんて思ったことはないわ。もっと多くの人に喜んでもらいたい。そして新たな
商品開発にもどんどん挑戦していきたい」と、夢が膨らみます。
自然の恵みを「手塩にかけて」作り上げた、珠洲の塩を是非ご堪能ください。
のと珠洲塩  150g

オススメ商品

のと珠洲塩  100g

のと珠洲塩 100g

価格(税込) 435円
(本体価格403円+消費税32円)

のとさくら塩 100g

のとさくら塩 100g

価格(税込) 650円
(本体価格602円+消費税48円)

竹炭塩 100g

竹炭塩 100g

価格(税込) 650円
(本体価格602円+消費税48円)

藻塩 100g

藻塩 100g

価格(税込) 650円
(本体価格602円+消費税48円)

結晶塩 100g

結晶塩 100g

価格(税込) 545円
(本体価格505円+消費税40円)

花の塩 100g

花の塩 100g

価格(税込) 1,080円
(本体価格1,000円+消費税80円)

商品数:0点

合計:0円

カゴの中を見る


地域ブランド市場 お支払方法

 >>配送料金表はこちら
このページのTOPへ
Copyright©2003-2008 NAVICO All Rights Reserved.