商品カテゴリから選ぶ

商品名を入力

雑貨

商品コード: 17010103002-ST50

真鍮巻きこんろ(大) ST-50

発送準備日数:6日

配送温度:常温(冷蔵と同梱の場合あり)

販売価格(税込) 12,800 円
(本体価格11,852円+消費税948円)
関連カテゴリ:

雑貨 > こんろ


在庫残:1


※1回のお買物につき2点まででお願いします。

個  数
(半角数字)

カゴに入れる

真鍮巻きこんろ(大)は、戸口で風量を調整でき、軽くて、底も熱くなりにくいこんろです。炭火の遠赤外線を反射し、外はパリッ、中はジューシーにと大変美味しく焼き上げます。
能登牛や干物、天然塩などと相性は抜群です。
大きさは、さんまなら丸ごと3尾が収まります。焼肉なら周りを囲んで、4人から6人まで大丈夫で、家族でバーベキューなどに最適です。奥能登の食材を珠洲生まれのこんろと炭で食べれば、また格別の美味しさです。
取り扱い上の注意:水濡れ厳禁(炭の消火のために、水をかけるなどはおやめください。)、ワレモノなので衝撃に注意、室内使用の場合は、十分に換気してください。
サイズ:幅450×奥行260×高さ190 
重さ8.6kg
焼き網1枚付き
(なお、手作り、自然素材のため、大きさ、重さは多少ばらつきがあります。ご了承いただきますようお願いいたします。)

製造工程1(切り出し作業)

珪藻土の埋蔵量日本一といわれる珠洲の地下から、ノミによる手作業で珪藻土を切り出していきます。珪藻土の性質上、機械化が難しい作業で、ノミで所定の深さに突いたり、次へ進むために壁面を平らにならすなどの作業は、熟練の職人のなせる技です。そんな職人さんでも、1日に進める長さは、30センチがせいぜい。根気と忍耐が必要な現場です。

製造工程2(こんろの形へ成形)

さまざまな機械や道具を使いながら、一つ一つ珪藻土の塊をこんろの形に成形していきます。焼く前の珪藻土の塊は、水分を含んで大変重く、大きなものほど、成形に苦労します。ノミを操る手際の良さは、職人ならではです。

製造工程3(二昼夜におよぶ焼成)

成形したこんろを窯詰めし、二昼夜にわたって焼成します。窯への詰め方にも細かなノウハウがあり、職人技の一つです。水分を含んだ珪藻土は、焼くことで強く、軽くなり、薄い肌色へと変化します。

製造工程4(金具の取り付け)

焼成したこんろは、丁寧に磨き、塗装をほどこした後、真鍮の金具を取り付けていきます。こんろは衝撃に弱いため、注意を払いながらの手作業です。これもまた熟練の技です。
このようにして、多くの工程でその技を磨きながら、よりよい製品づくりに精進し、一つ一つ丁寧にこんろを製造しています。

商品数:0点

合計:0円

カゴの中を見る


地域ブランド市場 お支払方法

 >>配送料金表はこちら
このページのTOPへ
Copyright©2003-2008 NAVICO All Rights Reserved.